メールマガジン



大阪ミュージアムメールマガジン【恋する大阪メール】No.196

メールマガジン名 発行日
大阪ミュージアム「恋する大阪メールマガジン」 2014年7月24日

大阪ミュージアムメールマガジン【恋する大阪メール】No.196

゜★゜’・:*:.。.:*:・’☆。.:*:...:*★:・’゜:*:・’゜*;・’゜★゜
大阪ミュージアムメールマガジン【恋する大阪メール】No.196
 平成26年7月24日配信
                http://www.osaka-museum.com
:*:.。.:*:・’☆。.:*:...:*★:・’゜:*:・’゜*;・’゜★゜’:*:.。*:.

【いよいよ梅雨明けです】
 例年より梅雨明けが遅かったとはいえ、ともかく梅雨が明けました。
もう直ぐ、8月。花火の季節です。
下記のイベント情報を元に、お出かけしてみませんか。

夏のイベント情報はこちら↓↓↓
http://www.pref.osaka.lg.jp/toshimiryoku/osakathemuseum/hanabi2014.html
 
(らいだこうじ)

+-----------------------------------------------------------------+
♪♪ INDEX ♪♪
【 1 】 最新トピックス
【 2 】 わくわく!プレゼント
【 3 】 大阪ミュージアムクイズ
【 4 】 あれこれ
【 5 】 連載 チームミュージアム
【 6 】 大阪ミュージアム学芸員投稿
【 7 】 編集部より
+-----------------------------------------------------------------+
【 1 】 最新トピックス
+-----------------------------------------------------------------+

△▼天神祭り(大阪市)▼△
日本三大祭の随一の天神祭りが、いよいよ本日24日から始まります。
菅原道真公の御神霊を祀る御鳳輦船(ゴホウレンセン)を中心に
100艘にも及ぶ船とともに大川を行きかう姿はまさに圧巻。「天神
祭奉納花火」では数千発の花火が打ち上げられ、船渡御のハイラ
イトシーンを演出します。
<と き>7月24日(木曜日)・7月25日(金曜日)
<ところ>大阪天満宮、大川ほか
    (地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」、 JR東西線「大阪天満宮駅」すぐ)

詳しくはこちら↓↓
http://www.tenjinsan.com/tjm.html

△▼りんくう海道(かいどう)ブルーツーリズム 
ハマヒルガオ群生地の清掃活動(泉南市)▼△

泉南市ではりんくうタウンが有する地域資源をつないだエリアを
「りんくう海道(かいどう)」と位置づけ、地域団体と連携して
海をテーマとした魅力発信イベントを展開します。
その第1弾として、大阪湾では珍しいハマヒルガオなど、貴重な植物が息づいている
岡田浦の砂浜の清掃活動を行います。昼からは、地引網の体験や
普段はできない魚市場のセリの見学を通して、海の大切さについて学びます。

<と き>7月26日(土曜日)10時から
<ところ>岡田漁港(南海「岡田浦」駅から徒歩11分)

http://www.city.sennan.osaka.jp/seisaku/museum/rinkuukaidou.htm


△▼ 茨木フェスティバル(茨木市) ▼△

 1973年より実施している茨木フェスティバルは、夏の風物詩として
広く市民に定着しています。市民会館、中央公園南・北グラウンドに
て様々な催し、模擬店、ミニゲームコーナー、茨木童子のふわふ
わなどが設けられ、終日賑わいます。必見はダンスコンテスト「いばら
きおどりんピック」、おもしろい人決定戦「ボルケーノ茨木」、「茨木
一番PK合戦」など必見の催しが目白押しです。 

<と き>7月26日(土曜日)・27日(日曜日)
<ところ>茨木市(中央公園南・北グラウンド、市民会館等)
(JR茨木駅・阪急茨木市駅 それぞれ徒歩8分)

詳しくはこちら↓↓
http://www.iba-fes.jp/index.html


△▼織姫の里天の川 七夕まつり(交野市)▼△

私市水辺プラザ、私市駅前公園、星の里いわふね、そして大阪市立大学
理学部付属植物園の4会場で、光のアートや金魚すくいなどのこども遊び
ブースの設置、ジャズ等のコンサートやビアガーデン等を実施し、交野
独自の七夕を盛り上げます。

<と き>7月26日(土曜日)・27日(日曜日)
<ところ>私市水辺プラザ(京阪交野線私市駅より徒歩約15分)

詳しくはこちら↓↓
http://orihime.girly.jp/


△▼伊勢大神楽 総まわし(岸和田市)▼△

伊勢大神楽は、江戸時代から諸国に神礼を配り、各戸のお祓いを
行いながら獅子舞と放下(曲芸)を披露するもので、ライトアップ
された境内において、幻想的な夜神楽が奉納されます。

<と き>7月27日(日曜日)
<ところ>岸城神社(南海線「岸和田駅」 徒歩10分「蛸地蔵」駅 徒歩5分)

詳しくはこちら↓↓
http://www.osaka-museum.com/spot/search/index.html?ky=%E5%B2%B8%E5%9F%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE&vi=20&m=d&id=709

+-----------------------------------------------------------------+
【 2 】 わくわく!プレゼント
+-----------------------------------------------------------------+
★『Yaomania』創刊記念!オリジナルクリアファイル・うちわ・
八尾市観光協会のグラフ誌Yaomania【ヤオマニア】3冊セット10名様
応募締切:平成26年8月7日(木曜日)必着

★大阪市立東洋陶磁美術館 特別展
「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」
招待券5組10名様
応募締切:平成26年8月7日(木曜日)必着

▼詳しくは、下記より「プレゼントコーナー」をご覧ください♪
http://www.osaka-museum.com

+-----------------------------------------------------------------+
【 3 】 大阪ミュージアムクイズ
+-----------------------------------------------------------------+

Q. 「なにわの伝統野菜」として認証されている「芽紫蘇」(めじそ)は、
さしみのつまなどに利用されていますが、大阪市内のある場所で多く
栽培されていたことから『○○もの』と呼ばれていました。
現在も橋の名前でその地名が残っていますが、○○に入る地名は何でしょうか。

1.天満
2.毛馬
3.源八

▼正解は、第35回大阪ミュージアムクイズをご覧ください!
http://www.osaka-museum.com/quize/index.html

+-----------------------------------------------------------------+
【 4 】 あれこれ
+-----------------------------------------------------------------+


■□びわこ号復活プロジェクト■□
昭和9年から15年頃まで、京阪電車天満橋駅と浜大津駅を72分で結んでいた
直通特急「びわこ号」。
寝屋川市では、廃車となったびわこ号を市民等の寄附でいま一度走らせようという
「びわこ号復活プロジェクト」に取り組んでいます。
寝屋川市では、プロジェクト応援グッズも作成・販売しています。
グッズの売上は全てびわこ号復活走行イベントの費用に充てられますので、
ぜひこの機会にご購入ください。

詳しくはこちら↓↓
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/organization_list/keieikikaku/burando/biwako/goods/1378709364034.html#a3

+-----------------------------------------------------------------+
【 5 】 連載 チームミュージアム
+-----------------------------------------------------------------+
 夏がやってきました。気温だけでなく子どもたちのテンションも
うなぎのぼりです。
 今年は子どもとキャンプを体験してみようかと考えました。
 早速、道具などを購入すべくリストを作成。
 食材・それを料理する道具・キャンプ中に遊ぶ道具・テント・寝袋
などなど、必要道具をそろえていくと結構な金額となります。
 この金額で結構いい宿に泊まれる、何も苦労して自らで料理をして
野外で寝なくても、という心の叫びは、子どもたちに届かないようで
キャンプの日を楽しみに指折り数えているようです。
キャンプは普段とは違う日常を体験できる貴重な場面と考え、
私自身もいい体験が出来るよう努力します。(らいだこうじ)

デイキャンプなどはこちら↓↓↓
http://www.pref.osaka.lg.jp/toshimiryoku/osakathemuseum/daycamp2014.html

+-----------------------------------------------------------------+
【 6 】 大阪ミュージアム学芸員投稿
+-----------------------------------------------------------------+
 
 大阪府内の地域の魅力を大阪ミュージアムHPで発信してくださっている
大阪ミュージアム学芸員。
 このコーナーでは、学芸員の方から大阪ミュージアムに届いた投稿の
一部をご紹介します。

★開花しはじめた興禅寺の白蓮華(投稿 岩湧太郎さん学芸員)
河内長野にある八幡山興禅寺は、元は小高い山中に建立されていたが、
周辺が住宅開発されて美加の台団地に囲まれています。
しかし木々に囲まれ喧騒と隔てられた静かな佇まいです。
当山では羅漢像に護られた蓮池に、白い花弁の蓮華が開花する時季を迎えました。

続きはこちらから↓↓
http://www.osaka-museum.com/comm/comm.html?id=1561


+-----------------------------------------------------------------+
【 7 】 編集部より
+-----------------------------------------------------------------+
  梅雨もあけ、真夏の日差しがやってきました。
釣りや海水浴、バーベキューなど海に出かけることが
多くなりますが、怖いのが水の事故。
 私の子どもには、着衣水泳など訓練をさせるとともに
防波堤などでは、救命胴衣を必ず着用させています。
 私自身も十分な休養をとった上で、出かけるように心がけています。
 十分な対策をすれば、海は安全で楽しいところですので
準備万端でお出かけしましょう。
 (らいだこうじ)

+-----------------------------------------------------------------+
大阪府「恋する大阪メール」は、原則毎週木曜日に府内各地のイベント情報
など配信。第2・4木曜日はホームページのコンテンツや職員の連載コラム
を掲載した充実バージョンを配信します。
↓ ↓ 登録内容の変更・配信停止の手続きはこちらから ↓ ↓
http://www.pref.osaka.lg.jp/toshimiryoku/osakathemuseum/osakanikoishimasu.html
↓ ↓ 大阪ミュージアム構想HPはこちらから ↓ ↓
http://www.osaka-museum.com
 編集・発行:大阪府府民文化部都市魅力創造局企画・観光課
http://www.osaka-museum.com
  kikakukanko@sbox.pref.osaka.lg.jp
  ダイヤルイン電話:06-6210-9302

ここまで本文です。